ネガティブな人を励ますにはどんな言葉が正解なんだろう

  あまり人と深く関わらず、数少ない友人も割と「悩みは自分で踏み越えていく」というタイプがほとんどなので、ネガティブな面を曝け出す人と対峙する機会は無いに等しい。なので時々そういう機会に遭遇すると、どんな顔してどんな言葉を掛ければ最善なのかが分からない。さすがに「頑張れ! そんなのは気合いだ!」というような言葉を掛けようとは思わないが、かといって「分かるよ……」と無理に同調するのも違う気がする。お前に私の何が分かるんだと言われたらそれまでだ。したがって、「あまり無理しないでね」「休んでいいんだよ」「何かあったらいつでも呼んでね」程度しか掛ける言葉が出てこない。いやそれでいいのかもしれない。だけどそこで終わらないのだ、ネガティブトークは。そんな時にどういう言葉を掛ければ正解なのかが分からず悶々としている。

 昔はそんなネガティブトークに対して真剣に付き合っていた。というよりも、ネガティブトークと分からずに悩み相談だと思い、馬鹿正直に解決方法を考えていた。その結果、正論を吐き、完全にシャットアウトされて、長いこと音信不通になってしまった。その時、私はいくら仲が良かろうとも深入りしない方が良い事もあるというのを学び、また、ネガティブトークと悩み相談は違うのだと気付いて、割と軽い受け答えをする人間になっていった。

 でも、またやってしまった。あまりにもネガティブワードを連発されて、迂闊にもポジティブワードを投げてしまった。そして「あ、嫌がられたかな」と思ったものの、それはもう仕方ないかもしれないと思い、一言謝った後は深追いしなかった。私は器用でもないし、人を導く才能なども無い。だったら見守る事が最善なのだろう。そう肝に銘じたい。というか銘じるしかない。